studio m+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

BlackLine Apartment 「吹き抜けを作る」 大阪 賃貸リノベーション

90 views
約 2 分
BlackLine Apartment 「吹き抜けを作る」 大阪 賃貸リノベーション
Cost1,800,000 坪単価23万 解体含む
Specification壁クロス 床CF キッチン UB、洗面 トイレ
Concept空室率改善を図った賃貸リノベーション。施主の希望はオンリーワン物件。ということで間取り変更し、ロフト床を抜いて吹き抜けを設けアイキャッチ要素で手摺をクリエィティブに取り付け家賃を40%上げることに成功。結果は即入居でした。
今回の案件は大阪大学の近くの賃貸アパートのリノベーション案件。大学の周辺とあって競合相手も多くデザインでターゲットを訴求したいということで弊社に来られた。若い賃貸オーナー様でデザインの感度は高く、投資案件に対する知識も豊富であったため、地域ナンバーワンのデザイン物件であればある程度の賃貸価格であっても入居する層の存在を肌感覚で得ていたようだった。オーナー曰く所謂デザイナー物件ではありあふれているのでstudiom+物件をということだった。キャッチコピーは「オンリーワン賃貸リノベーション」 左のロフト部分を解体して吹き抜けに、数字上面積が減るので賃貸オーナー様は嫌がりますが、ご覧の通り数段物件のクオリティーが上がります。見えないですが、ユニットだったお手洗いとお風呂をセパレートに洗濯機置き場もベランダから中に入れ間取りの変更も行っています。
ロフト付き賃貸物件のデザインで選択肢がない部分が手摺や階段、これは弊社のあるゆる物件で必ずデザインして特注で制作する。その経験値はここでも活きた。
18Φの丸鋼で制作された手摺はキッチンツールを吊ることも可能。 ライトグリーンの照明コードと黒皮色の対比がとてもいい。 照明は裸電球。賃貸物件ではシーリングの差し込みをつけている 物件が多いが、格安でもダウンライトぐらいのサービスはしておきたい。物件を比較する際照明の色付けが空間の印象を変えるからだ。
    オーナー様の狙い通り。空室だった物件はリノベーション後価格を40%程あげ即入居が決まったそうだ。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook