俺のデザインを笑うな!

大阪,神戸,関西 デザインリノベーションのstudio m+

クリエティブデザイン、大阪のリべーション会社studiom+の特徴とは

June 16, 2016
918 views
約 5 分

大阪のリべーション会社studiom+の特徴

FBTOPPNG2

大阪にはリノベーションの会社が多くあり、お気に入りをいくつか選択しても決めてに欠けますますよね。

選択する上で弊社の説明が、お役立てれば幸いです。

そこで弊社の特徴を述べさせていただきます。

弊社の特徴は大きく3つあります

1デザイン

2コスト

3サプライズ

 

 

 

1、     デザイン

 

デザインで重要な要素は、デティールと色彩とライティングです。

デティールとは細かいところの収まりで、例えば扉の枠を隠したり、細いものと太い物の組み合わせでを追及して美しく見えるようにしたり、ワンポイントの底目地(凹部)を入れたりしてシンプルな構成の中にいかに拘りを入れて高級感をだすか、などを考える事です。デティールとはデザイナーと職人の熱量といえます。その拘りはは空間に存在感を与えます。

 

色彩は、配色バランスと素材の持つ色への拘り持っています。例えば白は一番多く使われる色ですが、これまでのプロジェクトで様々明度(明るさの違い)違う他の色のとの構成の中で、配色比率に神経使っています。それを行うことで飽きの来ない、気持ちのいい空間を造ります。素材は、金物のステンレスであればバイブレーションとやヘアラインいう仕上げ使い分けたり、ステンレスのと木の組み合わせ、プラスチック素材エポキシ塗装を施した素材、ミルスケール素材など、普通のリノベーション専門店では得意としない素材に強みを持っています。そのことでより独自色の強い個性的な空間が出来ます。大阪 賃貸リノベーション 

 

ライティングは、他のリノベーション専門店が苦手とするところだと思います。外注にしているリノベーション会社も多くあるのが実情です。照明には照度(LXルクス)、色温度(Kケルビン) 光量(lmルーメン)の3要素がありこれが生活空間に立体感をもたらします。ライティングのセンスで夜の空間は劇的に変わりますので、計画には時間をかけて行います。

例えば茶色の床に暖色ホワイトの壁の空間に電球色2800K~3000Kの色温度を持ってきますと、暑苦しい空間になります。このように上記に述べた2つの要素とも密接に係わりますので、この分野の知識は持っておいて損はないかと思います。

大阪リノベーション studiom+ ペンダント

そしてデザイン面で、リノベーション会社を選択する上で重要なのが その会社の誰が担当するかです。なぜかと申しますと会社のHPで見られる代表的な作例集は一部の実力者によって作られた物であるからです。クライアントのお好みに近づけるには幅広い知識と経験が無いと難しい職業で、相応の力量が必要なのです。

 

 

簡潔にデザインに主な要素を3つ上げましたが、弊社代表は、実家は工務店で家具工場を持っている環境で育ち(九州)建築系大学卒業後、大工2年、現場監理4年、金物制作会社に2年、設計に2年程在籍した経験で、旅館をコンバージョンしてカフェを経営していました。

現場監理の4年では主に百貨店のハイブランド プラダ、アルマーニなどを施工し、一流デザイナーとの仕事でデティールを学び興味を持ちました。

色彩は、これまでに各プロジェクトで白の色だけでも何種類も使用してきまして、使える色を経験から学んでいます。また通常の日塗工を使わず3000色から選べるベンジャミンムーアから取り寄せ施工し力をいれています。

素材の知識は実家と、金物屋の経験で培われました。

ライティングは趣味の領域で、照明のプロダクトが好きで事務所や自分の家にもお気に入りを購入して毎日眺めている程です。またこれまでの住宅にもその拘りが表れていますので、配置等に注目してご覧なってください。

 

これらの経験によって、独立からこれまでにリノベーション案件を8年で100件程施工させて頂きました。まだでしたら、弊社フェイスブックに施工例を載せていますので、下部のURLから一度ご覧になってくださいませ。

 

 

そして、弊社の社員は少数で運営していまして、私自身がすべての作品に関わります。

現場は2つまでとしてそれに被さる案件はお断りしております。なぜならばデザインのクオリティは、センスよりもいかにそのプロジェクトに時間を掛けるかできまるからです。その点は大手のリフォーム業者やリノベーション専門店のそれとは全く異なり弊社の強みといえるでしょう。

 

2、     コスト

 

コストにおける弊社の強みは現場監理に携わった時の職人に仕事を依頼することで分離発注を可能にしていることです。つまり工務店丸投げは行わず中間マージンを削除していますのでリノベーション会社ですが工務店に依頼するコストで済みます。

これはお客様に安く提供するというよりも、プロジェクトの予算内で最高の内容を実現するために行っております。弊社HPには価格も載せていますのでそちらも参考にされてください。例えば70㎡1000万の予算ですと、かなりいい物が出来ます。またローコスト案件にも対応しております。

3、     サプライズ

 

弊社のコンセプトは『人生を最高に飾れ!』です。

具体的に申しますと、クリエティブな要素を取り入れ、これからの人生に活力を与えるような物件にしたいとの思いからです。

人は感じたものをアウトプットしていく生き物ですので、一度きりの人生、少し刺激的な要素をとりいれては?的な、少し他のリノベーション専門店とは違うものを提供できれば考えています。

クリエティブデザイン

 

以上ですが、長文となり申し訳ございません。弊社魅力をお伝えしたいと思い、つい長くなりました。

 

最後にリノベーションの適した物件ですが、マンションに関しましてはそれ程制約はありません、水廻りの位置は動かせませんので(排水の勾配の関係)

そこに注意することぐらいです。

個人的な好みですが、私は一番に天井高を重視しています。それに関係して梁の位置です。空調は弱くなりますが、居住性があがります。

因みに弊社のある西区ですと阿波座あたりですかね。5分から10分圏内といったところでしょうか。一気に子育て世代増えて人気の地域です。不動産価値を求めるならお勧めです。必要であれば西区ならば良い方(不動産)ご紹介できますので仰ってくださいませ。

 

物件紹介から施工までの会社はお勧めしません。施工費が高く見積もられる傾向にあるようです。そのあたりも頭に入れて良い物件い出会ってくださいませ。

 

それでは失礼いたします。

 

About The Author

株式会社studiom+CEO・リノベーション研究家藤イ 昌ト
『私がが書いたデザインで人の人生が変わってしまうかもしれない』
『でも私は、貴方にこれを提案したい』

そんな思いデザインしています。 


プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。 そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるときに突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。 湧いてくる感覚とは、自分がクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、今の僕ではそれを作為的に創りだすことが出来ません。
空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。 どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

豊かな経験と高度の知識から生まれる創造性。
デザイン文化の未来に貢献し、心地良い変化を演出したい。

「人生を最高に飾れ!」
Follow :

感想お待ちしております。

*

Facebookコメント大歓迎です。

これまでに書いた記事です。