俺のデザインを笑うな!

大阪,神戸,関西 デザインリノベーションのstudio m+

特殊な加工で日本の技術が可能にした、世界に一つのキッチン 角300Rのシカル曲げSUSワークトップ×神戸リノベーション

July 15, 2016
903 views
約 2 分

リノベーションキッチン

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

studio m+により設計施工された神戸のマンションリノベーションに備えられたオリジナルキッチンのご紹介です。

L=3200もあるキッチンは階段で搬入可能な最大寸法で6人掛かりで半日かけて荷揚げしました。天板は角300R、t=8㎜SUSバイブレーション、シカル曲げです。

おそらく、角300Rのシカル曲げSUSワークトップは、特殊な加工で日本の技術が可能にした、世界に一つの物だと思います。
工場に足を運び、溶接のアイデアを検証して頂いて、無理に制作して頂きました。リノベーションキッチン

このキッチンには、ほかにも新しい試みとしてシンク前に小さなシンクを設け、植物の埋め込みスペースを作ってみました。

さらに、天板から下のデティールにも拘っています。
H15㎜D20㎜の大き目の底目地でアクセント入れ、底を黒のメラミンとSUSHLフラットバーで仕上げています。

化粧には、ラピスラズリのベネチアンモザイクタイルを貼り、ラグジュアリーな最高に美しいキッチンとなりました。

施主様のご要望であった、ブルーのキッチン、世界に一つしかないクリエイティブなキッチンの完成です。

About The Author

株式会社studiom+CEO・リノベーション研究家藤イ 昌ト
『私がが書いたデザインで人の人生が変わってしまうかもしれない』
『でも私は、貴方にこれを提案したい』

そんな思いデザインしています。 


プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。 そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるときに突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。 湧いてくる感覚とは、自分がクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、今の僕ではそれを作為的に創りだすことが出来ません。
空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。 どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

豊かな経験と高度の知識から生まれる創造性。
デザイン文化の未来に貢献し、心地良い変化を演出したい。

「人生を最高に飾れ!」
Follow :

感想お待ちしております。

*

Facebookコメント大歓迎です。

これまでに書いた記事です。