STUDIOM+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

大阪のカフェリノベーション 「合板で魅せる」天王寺カフェ   

672 views
約2分
大阪のカフェリノベーション 「合板で魅せる」天王寺カフェ   
Cost3,000,000
Specification壁塗装 合板 什器 照明
Consept従業員の作業導線や環境の改善

インダストリアルの宝庫 シンプルに素材を生かした大阪の天王寺にあるカフェリノベーション

 Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

studio m+により設計施工された大阪のカフェリノベーションのご紹介です。豆を売るために必要な焙煎器とミル、今回はこの二つのインダストリアルな器具を効果的に演出し、老舗の味を空間でも感じて頂く計画です。もともとクロス張りであった間仕切りを撤去して奥行を作り、そこに合板の柔らかさとスチールからなる器具の相対関係を見せることで空間にメリハリを作っています。
さらにシルバーの焙煎器には黒壁を、ゴールドのミルには木板を配置し、照明からの反射を効果的に利用して、既存のプロダクトを際立たせてみました。この空間で珈琲を味わうお客様が、より豊かで深い体験を感じて頂けることを期待しています。

大阪のカフェリノベーションの様子

既存のカウンターを利用したカフェカウンターは天板を切り欠き変えてミルをはめてみた。
元々隠れていた焙煎機を壁内から外へ、意匠としてライティングし店舗のアイコン、そして従業員のモチベーションに繋がる。

内照式のペンダント照明吊戸棚

細いスチール丸鋼6Φと合板の組み合わせ。下のボックス形状の中はカウンター用の棚下照明となっており作業台を照らす、お客様にまぶしさを与えない。

タイルを貼ったカフェの作業台

このカフェには合板で制作されたアイテムがいくつか納品されたが、そのうちの一つがこれ。こちらは合板にタイルを張ったもの、商品の梱包台として使用される。

スチールで造られた棚受け

棚受けもカフェ専用にデザイン。 味気ない既製品のデザインを避けオリジナルでクラフト感が出るようなものを制作。棚はダボ穴で制御するという手間のかかる仕様。

ある大阪天王寺にあるカフェのリノベーション。焙煎気やミルといったインダストリアルなアイテムをシンプルに合板と組み合わせ、ライティングによってポテンシャルを引き出した事例となったように思います。

STUDIOM+About The Author

株式会社studiom+CEO リノベーション研究家藤イ 昌ト
プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。

そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるとき突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。

湧いてくる感覚とは、お客様の好みに合い且つクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、そこに必然性が無く、よりいい物を突き詰めた結果の、もがいた後にしかたどり着くことが出来ません。

空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。

どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

「白い壁にアートを飾るのもいい、でも空間がクリエティブだともっといい」
人生を最高に飾れ!

Comment On Facebook

大阪・神戸のリノベーション会社STUDIOM+のMISSION

大阪のリノベーション会社 studio m+のミッションは。

心に響くデザイン創作を通じて、人の気持ちにポジティブな変化を生み出すこと。 人と生活と収納と環境、その関係性を空間に落とし込むプロセスに丁寧に向き合い、 感情的ニーズに応えるクリエイティブなデザインに導きたいと考えています。

マンション、戸建て、賃貸のリノベーション、店舗デザインを中心に問題をクリエイティブに解決するべく鋭意活動中です。 『こんなのがあればいいに』『こんな素材使ってみたい』そんなご要望に、知性、技術、創造性でお答えいたします。 リノベーション・水回り改修・大規模改修・防水工事・外壁塗装・コンバージョン等のご相談・ その他どのようなご依頼も・まずはお気軽にメール又はお電話にてご連絡ください。(相談は無料です)

リノベーションに関するお話

リフォームとリノベーションの違いは何か?資産価値は高まるのか?大阪は地方の状況はとは異なるのか?などリノベーションをするにあたって最初に疑問に思うことなどを解決していきます。