STUDIOM+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

箕面橋本亭 「黄土漆喰を再現」 古民家リノベーション

207 views
約 3 分
箕面橋本亭 「黄土漆喰を再現」 古民家リノベーション
Cost15,000,000
Specification外壁塗装 外構 ローズウッド 黄土漆喰 厨房設備含む
Concept国内では珍しい築100年以上の木造3階建てのコンバージョン。CMや雑誌、ドラマ等とにかくメディア露出の多かった物件

木造三階建ての旅館をリノベーション

築100年以上になる木造参加建ての旅館リノベーション案件

箕面の駅を降りて山側に向かうと大阪市内から一番近い自然といわれる、箕面国定公園がある。休日にはその先の滝までの滝道で多くの人でにぎわう場所だ。今回はその滝道の中腹にある、明治から続く築100年を超す木造三階建ての旅館「橋本亭」の古民家コンバージョンの案件だ。築年数からくる風格、緑に包まれた立地、木造三階建てというスケール感からとても刺激的な案件だ。元々後継ぎ不在と、長く放置されていた物件だったが、いよいよ取り壊すかどうかが検討されたとき、その佇まいから市民や周辺事業者の惜しむ声もあって第三セクターが買い取り、古民家をリノベーションして複合商業施設として投資する政策がとられた。そのタイミングでSTUDIOM+と出会うことになった。現場調査でぐるぐると周囲を回る内、滝道を上流から降りてくると橋の向こうに建物がある構図に出会う。その川沿いにある窓際の席に人が座り、滝から下ってくる人と出会う。そんなイメージがデザインの始まりとなった。

橋本亭古民家リノベーション外観

外壁はもともと土壁でボロボロだったものを、モルタル下地に艶消しグレーの塗装。窓はすべて昔の学校でみられたような擦りガラスで、中の状態を見ることも中から外の景色も見れなかった為、すべて透明ガラスに取り換えた。これは新緑の季節の写真だが、紅葉の時期にはこの窓ガラス一杯が映り込みによって真っ赤に染まる。下には川があり夏にはこの窓際の席が最高になる。

橋本亭古民家リノベーション内観

敷地に沿って台形に造られたこの木造建築は現在の建築基準法は立つことが不可能なものだった。その為構造的な解決から手をかけた。元々は旅館であったこともあり、まず玄関口の土間から和室に上がる床を全て解体しモルタルで固めていく。床下部分はさすがにシロアリによって食い尽くされていた為、接ぎ木や添え木シロアリ工事なども行う。天井や間仕切りも全て取り払い筋交いを入れ補強。駅方面から滝に上るお客さんに入口から窓際の風景が一面に見えるように考えられた。床はモルタルの上にアーティストによる柳の水墨画が掛かれ、元々和室であった部分は珍しいローズウッドの無垢フローリングが張られた。家具、什器はSTUDIOM+のオリジナルでウォールナットの柾目を使ったテーブル等で落ち着きにあるデザインと目指したものとなった。

この仕上げの中で一番の見せどころは壁面のレアな黄土漆喰の鏡面磨き。黄土を混ぜた漆喰を玉虫色になるまで磨き上げたものだ。磨きの回数が少ないと玉虫色にはならず淡い黄色のままとなる。

白い漆喰だと差別化が図れず土壁だと構造的にも弱くチープになる。そんな中での選択だった。外から見ると鈍い黄土の色がこの古い構造物をよりノスタルジックにしてることがわかる。2階はプラスター金鏝仕上げ。

橋本亭の古民家サインリノベーション

外部サインはSTUDIOM+によってデザインされたSUS切り文字とSUSコルトンBOX。和の建築にたいしてモダンなアプローチで魅せる。

橋本亭のノスタルジックな照明

窓際に座るととこんな景色が見られる。照明はパナソニック。 中から外を見る分には問題ないとのこともあって、外部からどう見えるかに絞って内に誘導するデザインが今回のテーマだった。

十周年記念ノベルティバッグ

10周年記念ノベルティも弊社が担当した。

About The Author

株式会社studiom+CEO リノベーション研究家藤イ 昌ト
プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。

そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるとき突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。

湧いてくる感覚とは、お客様の好みに合い且つクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、そこに必然性が無く、よりいい物を突き詰めた結果の、もがいた後にしかたどり着くことが出来ません。

空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。

どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

「白い壁にアートを飾るのもいい、でも空間がクリエティブだともっといい」
人生を最高に飾れ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook