STUDIOM+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

関西、大阪や神戸でリノベーションを依頼する前に知っておきたいこと!超初級編(お金、デザインetc)

70467 views
約 9 分

関西、大阪や神戸でリノベーションを依頼する前に知っておきたいこと!超初級編

関西、大阪や神戸でリノベーションを考えるときに知っておきたいこと!超初級編

リフォームとリノベーションの違いは、これから大阪や神戸でリフォームやリノベーションを検討している人にとって、必ず抱く疑問です。「リノベーション」と「リフォーム」と同じ意味だと思っている人もいるかもしれませんので、その「リフォーム」と「リノベーション」の違いを簡潔にお伝えします。

さて「リフォーム」とは、一言で言いますと、老朽化した住宅設備等を新しくすることです。マンションや賃貸アパートでは、住まわれていた方の退居後にその入居者の住む前の状態に戻すことがあり、原状回復と同意語になります。
英語で「reform」は「悪い状態からの改良」で私たちがリフォームという言葉を使うときは、クロスが破れていたり、汚れていたり、床が剥げていたり、便器や水回りが功労化していたりするものを取り替えたりすることを指します。

つまり元の状態に戻す、元の機能に直すということです。 それがリフォームです。

大阪や神戸では、関東に比べリノベーションより、このリフォームがまだまだ多いです。汚れたり壊れたものをとにかく元の状態にして、維持していくという考え方が多いのです。

大阪のリノベーション工事前

では「リノベーション」とは、リフォームと何が違うのでしょう?

先に答えると、英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」となっています。

つまり住宅に置き換えると、元の状態にする、維持するという考え方でなく、価値を向上させ、よりクリエイティブなものに仕上げるということです。リノベーションは単なる修復、機能維持でなく、新しく想像力豊かなものに変化させることを指す言葉なのです。

大阪や神戸でリノベーションがまだまだ少ないのは、この創造性のある空間への関心が少ないからだと考えています。

元の状態にすることで満足せず、より人が豊かであるために、どのような付加価値を付け加える事が出来るかそんな視点をもって未来を創る、というは面白いと思いませんか?

前より、断熱性の高い素材を使ってみた。新しい色にチャレンジしてみた。間仕切りを取り空間を大きくしてみた、天井をを剥ぎコンクリートむき出しの壁にしてみた、そんななにか、新しいものや、発想を住宅にぶつけてみてください。あなただけのリノベーションになるはずです。

大阪や神戸、いや関西はまだまだ少ないリノベーション、人材に投資するような気持ちで人を豊かにするために空間に投資してみませんか。素敵なデザインが、大阪や神戸の未来を明るくすると信じています。リノベーションが大阪を変える。そして世界を変えるのです。

若い世代ではインターネットの広がりと同時に、このリノベーションの認知が広がっています。デザインのメリットを享受することで心をを豊かにできると考える人たちです。既存のマンションや戸建て住宅を改装し、性能の向上や価値を高めるリノベーションが若い世代を中心に増加しているのです。そこで、リノベーションの注意点等をいくつか述べていこうと思います。

実際リノベーションされるときの参考になれば幸いです。

リノベーションは自由設計です。

リノベーションのイメージ画像

既存の住宅に人間を適合させるのでなく、生活にあうよう住宅を適合させることが可能です。着たい洋服を着る、そんな感覚でしょうか、自分が欲しいものを購入し、着たいときに着る。自由なのです。自由であるからこそリテラシーがないことには失敗する事があります。

例えば色、着てみたら似合わなかったなんてことが、リノベーションで起こらないようにしなければいけません。

インターネットで関西圏のリノベーション会社を比較し、検討して自分とセンスがあると思われるところをピックアップして下さい。そして、お気に入りのデザインは誰が担当したのか掘り下げて追及してください。そうすることである程度安心できるはずです。会社単位で選んでは失敗のもとになります。アパレルブランドでも担当デザイナーの力量で大きく売り上げの変化が見られます。そのブランドは今だれがチーフデザイナーであるかを絞り込むことであなたのお気に入りの精度が高まるはずです。自由だからこそ優秀なパートナーを探しましょう。

どんな場所でも中古リノベーション物件はあります。

大阪や神戸などの関西圏でリノベーションを考えると、新築では考えられないほどの選択肢が出来ます。

駅から近いのか、子供の環境にいいかなど、より条件を加えられるかと思います。でもそれだけで購入してはいけません。リノベーションを考えるときは間取り変更が可能か?規約等の制限はないか?採光は?風は?など多角的な視点があると望ましいです。

デザイナーを見つけて一緒考えると、より希望に近づきますので、早い段階から担当者を探すことをお勧めします。

個人的には空間で重要な要素として高さがあります。高さがあれば、とても気持ちのいい空間ができるという経験則があるからです。ですので、担当者の経験則から、何が重要だと考えているかを知ると事が、住宅の決め手になるかもしれません。また、間取りや内装、設備機器が条件を多少満たしてなくても、新しく変えてしまうため、あまり気を使う必要はないのでそのあたりも相談されるといいでしょう。

白いデザイン賃貸リノベーションの間取り

エリアや立地の条件を満たせていれば、そこに担当者の経験則をプラスしてみてください。新しいアイデアを知ることになると思います。それが私たちのデザインリノベーション会社の強みです。

新築よりもリノベーションはコストをおさえられる。

関西や大阪でも同じ条件ですと、新築を購入する場合の費用と中古を購入してリノベーションする場合の費用を比べると、中古を購入してリノベーションする費用の方が、20%から50%程安く済むことが可能です。
つまり、新築よりも安い費用で、しかもクリエイティブな理想の住空間を手に入れることができるのです。
また、資産価値の視点から見ても新築の戸建やマンションの価格は、新築後15年間で大きく下落し、その後は国内の経済の状況で上げ下げとなります。ですから、築20年以上の戸建やマンションを購入してリノベーションすることを拒まないでください。中高物件をリノベーションすることで、上記に書いたような購入後数年での、市場価格が下落するリスクを避けることができるのです。まさに一石二鳥なのです。

依頼は物件購入直後かもしくは仮住まいで対応したい。

リノベーションする際の注意点としてデザインから引き渡しまで2,3か月かかることです。その間の仮住まいを考えなければなりません。よりクリエイティブにするためにはもっと時間がかかるかもしれません。

ですので、失敗しないためには、デザイナーに十分な時間を与えるとよい結果に繋がるのです。デザインは直観的なセンスでなく、繰り返し練られたアイデアを書き起こすことであり、努力の側面があることを知って欲しいのです。

つまりデザインに十分な時間があればあるほど繊細なデティールが生まれてくるものだと考えてください。

大手のリフォーム会社のようにインセンティブのあるような企業だとあまり意味はないかもしれませんが。。。

スタジオエムプラスのデザイナー

そういったデザイナーの特質を踏まえて、リノベーションに挑んでみてください。より良い効果が生まれるはずです。

リノベーションはローンの金利が高い。

リノベーションをする場合、中古の戸建やマンションを購入して、さらにリフォームローンを利用する場合、リノベーションの費用には一般の住宅ローンには組み込めずに、住宅ローン以外に、別途、リフォームローンを利用することなになります。金利0,7が1,5になったりします。リフォームローンは金利が一般の住宅ローンよりも高いため、総じて全体の支出額が高くなります。さらに、購入後に工事がはじまるため、工事の間の家賃など二重払いが発生しますのでしっかりとした資金計画を立ててください。
なお、リノベーション済みの戸建やマンションの購入であれば、住宅ローンのみで済むため、リノベーション済みの戸建やマンションも選択肢の一つとして検討してみるのもよいかと思います。その分割高である場合も多いですが。

しかし、中古住宅を購入したら、あたりまえのように一緒にリノベーションしたいって考えますよね。そんな時に費用も住宅ローンで借入できるのは方法もあります。実は金融機関によって扱いが異なります。住宅ローンにリノベーション費用を含められるケースと含められないケースについて見てみましょう。

大阪や神戸でリノベーション費用を住宅ローンで借りれる?

住宅ローンの商品によってリノベーション費用をまとめて借入できるかが変わってきます。2019年11月時点で大阪と神戸で独自に調査した結果を下表にまとめました。傾向としては、対面での申し込みが可能な住宅ローンの場合はリノベーション費用を含めた借入ができるケースが多いようです。

銀行名商品名リノベーション資金をセットできるか
住信SBIネット銀行ネット専用住宅ローン(新規)△:引渡しまでにリノベーションを完了し、購入資金とリフォーム資金の支払いが同時の場合のみ可
りそな銀行りそな住宅ローン(新規)〇:可
じぶん銀行住宅ローン(新規)×: 借り換えの場合のみ可
三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローン(新規)〇:可
イオン銀行イオン銀行の住宅ローン(新規)〇:可
各取扱い銀行フラット35(リフォーム一体型)〇:可

先に述べたようにリフォームローンを使う方法もある

先に述べたようにリノベーション・リフォーム資金だけ借入したい人向けに、リフォームローンという別の金融商品があります。この場合、住宅購入資金は住宅ローンで借り入れて、リノベーション・リフォーム資金はリフォームローンで借入する形になります。

住宅ローンとリノベーション(リフォーム)ローンの違い

比較項目住宅ローンリフォームローン
金利変動:0.5~1.0%変動:1.5~6.0%
返済期間最長35年最長10~15年
借入上限上限1億円が多い上限500万円・1000万円が多い
団体信用保険原則あり原則なし
担保の必要担保あり担保なし
審査2週間程度で厳しめ1~2営業日で緩め

結局どれが良いの?

住宅ローンを契約して中古住宅を購入した後にリノベーション・リフォームを行う場合、最も理想的なのは自己資金でリノベーション費用を支払うことです。しかし現実的には手元に資金がないケースも考えられます。その際には、住宅ローンを契約する前に、住宅の購入資金とリノベーション資金を一体化した住宅ローンを選ぶことです。それすら難しい場合は、リフォームローンを別途契約する必要があります。

リノベーションで住宅ローン減税は受けられる?

住宅ローン減税は、「リノベーション資金が住宅ローンと一体化していれば対象になるけど、リフォームローンでは減税対象にならない」と思っていませんか?リフォームローンでも要件さえ満たせば、住宅ローン減税の対象になります。ポイントは、「リフォームローンの返済期間が10年以上あること」「リフォーム(リノベーション)する住宅の専有面積が50平米以上あること」「リフォーム(リノベーション)工事費用が100万円以上であること(補助金を除いた後の金額)」「リフォーム(リノベーション)する物件が耐震性能を有していること」などの要件を満たすことです。

【住宅ローン減税の要件】

  • 1.自ら居住すること
  • 2.床面積が50平米以上であること
  • 3.中古の場合、耐震性能を有していること
  • 4.返済期間が10年以上あること
  • 5.年収が3000万円以下であること
  • 6.増改築等の場合、工事費が100万円以上であること
  • 7.特定の制度と併用していないこと

以上ですが、関西、大阪や神戸でマンション、戸建てのデザインリノベーションをするときの注意点を簡単に述べてみました。

貴方のリノベーションライフの参考になれば、、、です。

これから大阪や神戸でリノベーションをする方はこちらも参考に!

STUDIOM+About The Author

株式会社studiom+CEO リノベーション研究家藤イ 昌ト
プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。

そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるとき突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。

湧いてくる感覚とは、お客様の好みに合い且つクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、そこに必然性が無く、よりいい物を突き詰めた結果の、もがいた後にしかたどり着くことが出来ません。

空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。

どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

「白い壁にアートを飾るのもいい、でも空間がクリエティブだともっといい」
人生を最高に飾れ!

Comment On Facebook

大阪・神戸のリノベーション会社STUDIOM+のMISSION

大阪のリノベーション会社 studio m+のミッションは。

心に響くデザイン創作を通じて、人の気持ちにポジティブな変化を生み出すこと。 人と生活と収納と環境、その関係性を空間に落とし込むプロセスに丁寧に向き合い、 感情的ニーズに応えるクリエイティブなデザインに導きたいと考えています。

マンション、戸建て、賃貸のリノベーション、店舗デザインを中心に問題をクリエイティブに解決するべく鋭意活動中です。 『こんなのがあればいいに』『こんな素材使ってみたい』そんなご要望に、知性、技術、創造性でお答えいたします。 リノベーション・水回り改修・大規模改修・防水工事・外壁塗装・コンバージョン等のご相談・ その他どのようなご依頼も・まずはお気軽にメール又はお電話にてご連絡ください。(相談は無料です)

リノベーションに関するお話

リフォームとリノベーションの違いは何か?資産価値は高まるのか?大阪は地方の状況はとは異なるのか?などリノベーションをするにあたって最初に疑問に思うことなどを解決していきます。