STUDIOM+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

静寂の家   「左官工事で骨材入りプラスターをスタイロ挽き」 大阪リノベーション事例 

124 views
約 3 分
静寂の家   「左官工事で骨材入りプラスターをスタイロ挽き」 大阪リノベーション事例 
Cost5,000,000 110㎡
Specification壁面 骨材入りプラスタースタイロ引き オーダーキッチン
Concept落ち着き表情のある素材で空間を制作。そこに静寂が生まれた。

左官工事でプラスター(漆喰)を使用した大阪のリノベーション事例

左官工事で骨材入りプラスターをスタイロ引きしたリノベーション事例

今回の案件は、60代の夫婦で住まわれている大阪のマンションリノベーション事例。桃山台から徒歩12分の所にある有名建築家が建てた15戸しかないすべて角部屋というマンションだ。バブルのころには億の値段が付いたとか。玄関やエレベーター回りが贅沢に作られ、優雅な雰囲気に浸れる建物の最上階が現場だ。ネットで見つけて事例集を見るうち品のいいデザインが気に入ったと仰っていた御夫婦から今回ダイニングキッチンと寝室のリニューアルのご相談を頂いた。静かで落ち着いたデザインを希望されたご夫婦にSTUDIOM+は漆喰の素材にオークの造作キッチンを提案した。漆喰はプラスターを使用し大きめ骨材を入れることで印影を強め、スタイロという発泡素材で引くことで少し粗目の表情を持たせた案で、大変興味深くデザインを受け入れてくれた。

天井と壁に塗られた漆喰の印影が美しい

栗の大きな無垢テーブルと施主所有のヤコブセンの組み合わせが空間を上品にまとめる。天壁の仕上げは、砂入りプラスターのスタイロ押さえ。プラスターの表情は骨材の量と押さえるまでの乾燥時間で決まる為、2日間現場常駐してその時間を探りながらの仕事になった。プラスターが半乾きのところを鏝で挽き骨材の転がる跡で表情を出す。鏝(こて)には金鏝、木鏝とあるが、より表情を出すには摩擦係数の高いスタイロが都合がいい。熟練の職人だと自前のスタイロ鏝を所有していたりする。

プラスターに光を当てた夜の風景
重厚で静けさを感じさせる夜の風景。天井をベージュ系の落ち着いた色にすることで明るさや開放感とのトレードオフで手に入れる安心感や高級感だが、照明で壁を強調することで(ウォールライト)空間の広がりを感じさせるように配慮した。この場合、中央に広角の強い光を入れないことで壁際の存在感を際立たせるのがポイント。
プラスタースタイロ引きの部屋

硝子入りの木建具で開放感を+。手前側の天井は、施主の希望で麻での生地現場で糊付けして貼ったものだ。このチャレンジ精神が弊社と引き合わせたのかもしれない。

左官仕上げと赤みのキッチン

施主所有の家具の色彩に合わせられた赤みに調色したチークのキッチン。梁に塗られたプラスターの迫力が静寂の中に重厚感を与えている。

ミラーを貼ったチークのキッチンと御影石

キッチンと吊戸棚の建具はチークの柾目で木目が横一列に揃えた物を使用した。造作ならではの高級感で美しい。実は壁の色はこの建具の色から決められた。彩度の強い赤茶系の色は中間の明度を持つ無彩色が住宅では相性がいいのだ。キッチンのパネルはミラー、窮屈感なく料理ができるとのことで好評だ。天板は同色系の大判御影石で、暗くなりがちな左官仕上げの空間の差し色となるように考えたものだ。

About The Author

株式会社studiom+CEO リノベーション研究家藤イ 昌ト
プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。

そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるとき突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。

湧いてくる感覚とは、お客様の好みに合い且つクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、そこに必然性が無く、よりいい物を突き詰めた結果の、もがいた後にしかたどり着くことが出来ません。

空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。

どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

「白い壁にアートを飾るのもいい、でも空間がクリエティブだともっといい」
人生を最高に飾れ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook