studio m+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

錆の家 「持ち上げて引くドイツのヘーベシーベ」 大阪 戸建てリノベーション

82 views
約 6 分
錆の家 「持ち上げて引くドイツのヘーベシーベ」 大阪 戸建てリノベーション
Cost28,000,000 坪58万 160㎡ 増築・外構含む
Specification床オーク無垢 壁クロス 照明フロス 家具カッシーナ 壁錆塗装 木サッシヘーベシーベ 暖炉 外壁ガルバリウム鋼板一文字貼り
Concept家族が集い豊かな時間を過ごせる空間として、断熱効果の高く大開口を可能にするヘーベシーベを提案。内から外へ経年劣化を楽しめる錆塗装を施した。
大阪の南にある和泉市、幹線道路からのどかな田園風景を抜け閑静な住宅街が今回の現場、クライアントはある大手企業の部品製造を手掛けるお方で、築40年、30年前にリフォーム工事し今回が2度目の改修という入母屋造戸建て2階建てに住んでいた。娘に新築をきっかけに我が家も建て替えをという考えだったが、そのコストをリノベーションに充てると一つ上の生活が出来るのではないかと「studiom+」に提案のお話しを頂いた。
築40年というだけあって素材の更新でも十分に生活が変わるのだが、より快適になるよう考案したいくつかの提案が気に入ったようだった。特に、複層ガラスを備えた断熱性能の高い大型木製扉へーべシーベの採用は前面の借景を活かした開放感の有るリビングを可能にした。他にも工事内容は多岐にわたり駐車場の増設や外壁塗装、玄関の周り、間取り変更、増築、その他補修等、完工までにそれなりの日数を要する案件となった。
北側は40年前からキッチン(奥側)と物置となっていた和室(手前側)があった場所。リビングは南側の玄関と和室との間にありこの北側の借景のある場所と入れ替えた。通し柱と耐力壁を残し間仕切りを解体して北側へ増築している。耐力壁は梁行き方向はなるべく残し桁行き方向はべた基礎の上外壁を延長し補強している。この壁によって隣の住宅(左側)駐車場(右)からリビングは隠れてしまうためカーテンのいらない環境を可能にした。増築幅は開口の高さ(梁せいから逆算)から最小限度にとどめ庇も逆勾配でリビングからは見えないようにすることで、考えうる最高の開放感を手に入れた。もともと隠れていた部分だけあって、ここを訪れた客様の第一声は「いままでここは何の部屋でした?」だそうだ(笑)
キッチンまでの巨大な空間が生まれた。既存の使われてない空間を解体してどれだけ風や光、景色といった生活を豊かにすることができるかがテーマの戸建てリノベーション。新しいリビング空間には暖炉や床暖を設置。寒かった冬の季節も豊かに過ごすことができる。薪置きはスチール製でstudiom+のオリジナルデザイン。
取り除けない壁を利用してFLOSの照明をつけている。ソファはカッシーナ製。高級ブランドソファは羽毛入りで夏でも熱がこもらず年中快適。炬燵が好きだったお父様はここで寝てしまうほどのお気に入りとか。
キッチンにあった窓は間接照明付きの飾り棚に変身。壁は錆塗装で、経年劣化で徐々に酸化し錆びていく。撮影は一年後のもので当初茶色だったものが赤みを帯びてきている。
サッシ枠の収まり、床面は枠を3㎜がちにして納め、フラット化、壁面は制作から3方枠(一方グレージングチャンネル)で特注し現場でパッキンを埋めて断熱能力を下げないように施工。庇もこの景観あるピクチャーウィンドウには不要と判断した為、北側でもあり天井は枠から軒先まで逆勾配で制作してある。照明はどちらもレアなFLOS製、夜になると錆の壁をやんわりと照らしホテルライクな生活を楽しめる。
北側は前面にこの借景があるため、生活の主体をこちら側に移した。ヘーベシーベは重量のある大型引き戸を気密性を損なわずにスムーズに動かすことのできるのが特徴で、前面の景観が良好な場合フレームレス化が図れるため積極的に採用したい。ただリノベーションの場合新築と違いイレギュラーな制約が発生したり採寸が後になるため導入の難易度が高くなる。そのような中で今回のような収まりを可能にするには職人の技量が重要になる。
リビングであった場所はダイニングキッチンに。この部屋も増築。アイランドキッチンを置き大型のテーブルを備えた。引分け戸はスチール製でstudiom+オリジナル。床から天井まで2400もあり開放感抜群。娘家族の帰省にはこのテーブルがにぎやかになる。
テーブルはサワラの無垢。檜に近い樹種で白木で上品な佇まいなのが特徴。このサイズの無垢は、なかなかなく、なんとW1000H60 L2600もある。ブラケット照明はFLOS、テーブルの3連の小型のペンダントは小泉照明?床素材はBOLON市松張りで床暖を設置。こちらの増築分のサッシは樹脂系の断熱複合ガラスで引き違い4枚戸となっている。
サワラのテーブルに用にデザインされたstudiom+オリジナルの脚、SUS鏡面@400でクールでラグジュアリー感を演出する。

 

この両サイドの壁が無ければ、外部から丸見えで景色どころではなくなる。屋根は当然水勾配がついてるが軒天は逆勾配で室内から視覚に入らないよう工夫されている。
錆塗装、住まいを楽しくする仕掛け。経験上これがあるのとないのとでは、生活に与えるインパクトはかなり違う。
外構部分。外壁の仕上げはガルバリウム一文字貼り。

 

 

 

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook