STUDIOM+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

Smallhouse01  「狭小スペースと大収納」 大阪リノベーション事例

138 views
約 3 分
Smallhouse01  「狭小スペースと大収納」 大阪リノベーション事例
Cost3,500,000 坪17.5万 65㎡
Specification床メイプル 造作家具 造作キッチン
Concept収納が苦手なお母さまの為ベットまで収納できるに強大収納を提案。
価格(万円) 内容
解体 25 床壁天井
造作 200 無垢フローリング m+オリジナルTVカウンター m+オリジナル収納家具 m+オリジナルキッチン
電気 25 配線ダクト ダウンライト 間接照明
住設 40 キッチン設備 給排水
塗装 20 調色の上水性半ツヤ
諸経費 20 (駐車代 養生費 運搬搬入費等)

狭小空間における収納と間仕切りの提案。素材はバーチのフローリングとシナべニアの組み合わせ。シナはどの塗料を塗るかで見せる品質も変わる。30種もの塗料から、これだというのを選択した。造作で作られた収納家具は、下段にベットが収まり、上部の低い天井には小物や本が収納できるようになっている。高さは施主の伸長+5cm程。中央のミルスケールのBOXとさし色で入れた朱赤が空間を引き締める。 

空間にマットな黒でコントラストを与えるようミルスケールで制作した収納棚。裏側ミラーでカウンターを広く見せる仕掛けにもなっている。

造作で制作した、収納家具。上部の梁部分は棚だが、下部の白い部分は、掘り込み部に扉とダウンライトを仕込んだ収納になっている。下段の引き出しにはベットが収納されていて、就寝時には照明が中心に当たるような仕掛けだ。扉の小口は朱色の塗装が施されていてアクセントに。

収納の裏側スペースは押し入れを利用したクローゼット&収納

さわやかな空気感を演出するオリジナルキッチン。黒いBOXの裏はミラーを貼ることで、その存在を消し、広がりを作る役目を担う。吊戸棚の建具は、油絵の麻キァンパスを利用したもの。ジェッソを塗りこんで雰囲気を出している。

内照式のTVテーブルは、全体の柔らかい雰囲気を失わないように無垢の米松一枚ものを10mmまで削った。美しく強度も十分。
マンションで抜けた空間を持つことはとても贅沢に感じる。複雑なデザインで且つシンプルに、そして風と光を感じるように。

キャプション

全体の色合いはNYのモダンアパートメントなどを参考にした。スタイリッシュでどこか楽しげな雰囲気になるように。リビングにはガラスのローテーブル、白色のソファを置きTV、スピーカーを置くと完成する。個性的で主張の強いインテリアはここまで作りこんだ空間では合わせるのが難しい。溶け込むような素材や色を持ってくるのがポイント。

About The Author

株式会社studiom+CEO リノベーション研究家藤イ 昌ト
プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。

そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるとき突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。

湧いてくる感覚とは、お客様の好みに合い且つクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、そこに必然性が無く、よりいい物を突き詰めた結果の、もがいた後にしかたどり着くことが出来ません。

空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。

どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

「白い壁にアートを飾るのもいい、でも空間がクリエティブだともっといい」
人生を最高に飾れ!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook