STUDIOM+

Adorn your life to its best!『人生を最高に飾れ!』

リノベでコストを下げる方法!素材が変わるところはSUS(ステンレス)で見切る。

661 views
約3分
リノベでコストを下げる方法!素材が変わるところはSUS(ステンレス)で見切る。

素材が変わるところはSUSで見切る。t=5 SUSHLFB床見切り 大阪リノベ事例

フローリングとタイルの見切り

studio m+がデザイン設計施工した大阪のリノベーションから、ちょっとしたテクニックをご紹介させて頂きます。

あなたの住む住宅では床の見切りはどうなっていますか?異素材を突き付けで施工してはいけません。目違いが起きるからです。特に木質系の場合伸縮がある為、画像のようにタイル等との使わせ部分では見切りが必要になってきます

studio m+でよく使われる素材にステンレスがあります。我々の世界ではSUSHLなんていう使い方をします。後ろのHLは模様の意味でHLはヘアライン(髪の毛)という模様の意になります。ほかにもVBや2B,鏡面などがあります。種類も303や304など磁石が付く、つかないとか柔い硬いなどが分かるようになっています。

画像は、部屋の入口で床の素材が変わるところでの使用例です。細くて高級感が有りデザイン的にとても使いやすいのでお勧めです。この例はSUS304HL t=5 800×30FBを使用しています。

一度ご自宅の床はどのように見切られているか確認してください。小さな拘りですが、後から施工するのは難しい部分です。あなたの家を小さな拘りで埋め尽くす。そんな世界も楽しいかも。

『デザインはエンターテインメントなのです。』

玄関の上がり框はステンレスが美しい

リノベ玄関と見切り

SUSは、上がり框や巾木なども相性が抜群。特に玄関ですと雨の日は床が濡れてしまうので木の框だと不利な場合もあります。そんな時はSUSHL、デザイン的にも木だと重くなってしまう場面で画像のようにSUSHLだとクールに決まります。これ事例ではSUSHLt=5が使われています。

この記事の施工事例が見たい方はこちら!

大工手間を省く、見切りでコストダウンを図る方法。

SUS見切りフローリング

コストが十分にある場合は素材の厚みに合わせて下地材を調整して床レベルを合わせますが、レベル差が許容範囲の場合、材料代と職人の手間代を省くことでリノベのコストダウンが図れます。その場合も画像のようにステンレスの見切りが大活躍。この案件ではSUSFB鏡面のT=5㎜を使用して段差を美しく見せています。

この記事の施工事例が見たい方はこちら!

意匠的にも優れたSUS見切り!

モルタルトイレとSUS見切り

突板化粧板などのジョイントはいろいろな納め方があります。突きつけ、底目地がオーソドックスな納め方ですが画像はSUSHLt=3を900ピッチで縦方向に同素材の見切りとして使われ、横方向には異素材の見切りとして入れた事例です。

コーナー部はSUSL型で見切る

リノベーション格子とSUS柱巻き

左の柱巻きは、SUSバイブレーションとミラーで巻かれています。その天井と床部分には底目地として、SUSとミラーの部分にはコーナー(角)のおさまりとしてSUSのL型が使用されています。コーナー部の突きつけにカバーとして隠すように使用すると不細工ですのでお気を付けください。(逆に使います)

この記事の施工事例が見たい方はこちら!

STUDIOM+About The Author

株式会社studiom+CEO リノベーション研究家藤イ 昌ト
プロジェクトが始まると、イメージすることから始めるようにしています。いろいろな要素を詰め込んで、頭の中で想像するのです。

そのほとんどは、つまらない空想に終わるのですが、もがいて空想が尽き掛けるとき突然湧いてくる瞬間があります。それをスケッチに書き起こしながらディテールを詰めていく作業を行っています。

湧いてくる感覚とは、お客様の好みに合い且つクリエイティブだなと思う空想に出会った時なのですが、そこに必然性が無く、よりいい物を突き詰めた結果の、もがいた後にしかたどり着くことが出来ません。

空間をデザインするという仕事は、繰り返し練られたイメージをリアルに書き換える事でもあるわけですが、既存の価値観の向こうを見ることでもあると思っています。

どのようなプロジェクトでもこの湧いてくる感覚を大切にしながら、素晴らしい空間にたどり着くことを信じて一つ一つのプロジェクトをデザインしています。

「白い壁にアートを飾るのもいい、でも空間がクリエティブだともっといい」
人生を最高に飾れ!

Comment On Facebook

大阪・神戸のリノベーション会社STUDIOM+のMISSION

大阪のリノベーション会社 studio m+のミッションは。

心に響くデザイン創作を通じて、人の気持ちにポジティブな変化を生み出すこと。 人と生活と収納と環境、その関係性を空間に落とし込むプロセスに丁寧に向き合い、 感情的ニーズに応えるクリエイティブなデザインに導きたいと考えています。

マンション、戸建て、賃貸のリノベーション、店舗デザインを中心に問題をクリエイティブに解決するべく鋭意活動中です。 『こんなのがあればいいに』『こんな素材使ってみたい』そんなご要望に、知性、技術、創造性でお答えいたします。 リノベーション・水回り改修・大規模改修・防水工事・外壁塗装・コンバージョン等のご相談・ その他どのようなご依頼も・まずはお気軽にメール又はお電話にてご連絡ください。(相談は無料です)

リノベーションに関するお話

リフォームとリノベーションの違いは何か?資産価値は高まるのか?大阪は地方の状況はとは異なるのか?などリノベーションをするにあたって最初に疑問に思うことなどを解決していきます。